ドイツ・ミュンヘン  2018冬

ドイツ・バイエルン州を通っているロマンティック街道沿い近くの町 ミュンヘン

ミュンヘンを歩いてみましょう

ミュンヘン中央駅を降り、歩いて5分位の所にあるカールス門をくぐると、広い歩行者天国に出ます。この時期は、たくさんのクリスマスグッズのお店が出ています。

IMG_6372
カールス門
IMG_6111
クリスマス飾り屋さん

 可愛いお店をぶらぶら見ながら歩いて行きましょう。マリエン広場に出ると、ネオ・ゴシック様式の新市庁舎が現れます。すごく荘厳な感じですね。塔の高さは85あります。上の方を見ると、ドイツ最大の仕掛け時計があります。11時と12時に約10分間、32体のお人形が動き出します。このお人形はなんと等身大なんです! せっかくだから、見てから行きましょう。

IMG_6112 3

ちょっとお腹が空いてきました。クリスマスマーケットにある、ミュンヘン名物白ソーセージを食べましょうか。仔牛肉にパセリや香辛料を混ぜたすり身を、白い皮で包んだソーセージで、茹でてあります。この皮は食べません。昔は、いたみやすいソーセージだったため、午前中に食べる習慣があったそうです。一緒にドイツ発祥のプレッツェルもどうでしょう。

IMG_6113

 

そうそう、せっかくミュンヘンに来たのですから、ビアホールにも寄って帰りましょう。やっぱりおいしいですね。

 

 

バイエルン州の州都で、大都市でありながらも、古き良きものを守りながら発展した町 ミュンヘンでした。

 

 

次はヒュッセン・ホーエンシュバンガウに行ってみましょうか。

 

 

 

 

About the author